吹奏楽あるある

最近ツイッターで思わずはまってしまったのが「吹奏楽あるある」
吹奏楽経験者のつぶやきを集めたものなのだけど、自分の担当パートだった打楽器を読んだらもう、「あるあるあるある」と頷きまくり。

頷きまくった「珠玉の」つぶやきたちを拾わせてもらった(一部省略しましたが)。
解説もつけてみた。

管楽器のヒト「えーここ私ひとり?どうしよー」
打楽器のヒト「・・・・・・(うちらは全員常に一人一パート!)」(解説:管のヒトは数人で同じメロディを吹くことが多いが、打楽器は一人ずつ違う楽器なので)

そう簡単に練習を休めない。なぜなら全部ソロだから。(解説:同上)

ラデッキー行進曲のシンバルはまったく休小節がないので超しんどい。(解説:シンバルは両手で4~5㌔)

リタルダンドで盛り上がった先のシンバルのタイミングの難しさは異常。(解説:シンバルの一発は楽団全体がぐわーと盛り上がったところにジャーンというやつだから)

一発のシンバルに命をかける。ミスッた時の周りの視線と悲しさプライスレス。
(解説:派手なアクションなのにポフって空気音。経験あるがほんとうに悲しい)

a0126683_16435754.jpg


かっちりリズムが会った時メトロノームの音が消える快感。

部員A「ねーこれどうするの?」B「どこにつけるの?」C「この部品なに?」D「あれ!開かない!」私「もう!わたしやるからおいといて!!」(解説:太鼓も含めて大きな楽器は解体して収納したり、運搬するので。工具も必須)

なんでうちの学校エレベーターないんだよ!(解説:打楽器は大きくて重たい楽器が多い)

リムショットの練習中、指も一緒にたたいて悶絶。

入部後しばらくは孤独との戦い(解説:スティックとメトロノームだけがお友達、楽器自体は当分叩けない)

タンバリンロールやろうと思ったら親指乾きまくってる。(解説:そんなときは慌てて親指に息吹きかけて湿らせてから)

「タンバリンならたたけるよ」と簡単に言われると本気で指腹ロールみせてやるって思う。

タンバリンやトライアングルなめんなよ!と思う。

a0126683_16475369.jpg

集合写真は管楽器のヒトたちみたいに楽器と写りたい・・・(解説:吹奏楽部はそもそも人数も多いし、大きな楽器まで写真に入らないことも多々あるので、打楽器のヒトはてぶらとかスティックとか持つ)

吹奏楽部員当時の懐かしい、また苦しい思い出も一気に蘇る一瞬を味わえたつぶやき。
しかし、ここまで読んだ方は吹奏楽パーカッション経験者だけだろうな(笑)
[PR]

by jellyfish222 | 2011-07-31 17:01 | 音楽